美容鍼・不妊治療・育毛・整体鍼灸は総合治療院ハレノヒ|豊橋市/豊川市

「今」の悩みを「未来」の希望に変える
総合治療院ハレノヒ

\ 確認は今すぐ /
\ LINE・メールは24時間受付中! /

News

お知らせ & コラム

脱コロナ太り&冬太りしない身体へ!代謝アップのツボのご紹介☆

こんにちは、鍼灸師の林です🌼

寒く感じる日が増えてきましたね。

それにともない、美味しい温かいお食事が美味しい季節に…💗

でも女性にとって、気になるワードがありますよね。
そう、冬太りです……💦

 

秋冬の間はニットを着たり、と身体のラインがはっきりみえるお洋服から遠ざかることやご飯がより美味しくなること、また冷えによる代謝ダウンによって体重が増えてしまう不のスパイラル。

今年は自粛生活を送る中で、食事量が増えてしまった、というお話も患者様、お客様から伺っております。

 

そんな皆様に、身体の代謝を上げるツボをご紹介!
代謝を上げて脂肪を燃焼しやすい状態を作り、冬太りしないお身体を手に入れましょう!!

 

~体温と代謝の関係~

ご自身の体温、把握していますか?

日本人の平均は、約36.5度!

ところが、最近では平熱が、35度台という低体温の方が多くなっているようです。
私も、鍼灸治療や美容鍼を行う際にお伺いすることもあるのですが、ぎりぎり36度台、36度以下の方もよくいらっしゃいます。

人間の身体は、体温が1度下がると、エネルギーの代謝が12%ダウン、さらに免疫力は30%もダウンしてしまいす。

この1度とっても大切だとは思いませんか?

体温が下がると、代謝が落ち免疫力が下がる…。
すなわち、冬太りしやすく、風邪やインフルエンザになりやすいお身体になってしまうのです。

今は新型コロナウイルスへの感染も防ぎたいところですよね…。

 

~体温を上げることで代謝をアップさせるツボ~

指で簡単ツボ押しをしましょう🌟

 

湧泉

心臓からもっとも遠いところにあって、血液をチカラ強く押し戻してくれるツボ!

足裏のまんなかよりも、やや上にあります。

足の指を曲げたときに、少し凹むところ。そこに湧泉があります。

気力、生命力を高める「万能のツボ」として有名な湧泉。
湧泉の「湧」は湧くという意味なのですが、このツボを刺激すると生命エネルギーが泉のように湧き出てくるという意味が込められているとても重要なツボなんです。

 

衝陽


身体の内側、とくに胃から体温を上げてくれるツボ!

足の甲にあり、人差し指と中指の骨がぶつかる手前にあります。
ぐっと強く押してみると、それぞれの指の骨が感じられると思います。

食欲不振や、虚弱体質の方にもオススメのツボです。

 

合谷

このツボは万能のツボと呼ばれていて、幅広い症状をカバーしてくれます!

手の甲にあり、人差し指の延長線上になります。手の甲にある指の中間にあるツボになります。
頭痛、肩こり、不眠、便秘、生理痛など幅広い症状に対応しています。

ご紹介をしたツボ、日頃から指で押して刺激してみて下さいね。全て冷え性にも有効なツボとなっています。効果を上げる為にお灸でじんわり温めるとさらに効果アップ♪

今から代謝を上げる準備をして冬太りをしないお身体をつくっていきましょう!

 

✨総合治療院ハレノヒの人気トライアルコースのご紹介✨

 

妊活・不妊施術「お試しトライアル3回コース」20,660円を14,800円に

 

 

育毛鍼・育毛ヘッドスパ4回トライアルコース

身体を温める食べ物でウイルス対策!☆免疫力アップ☆愛知県豊橋市(豊川市)

こんにちは、鍼灸師の林です。

皆さんの身体は冷えていませんか?身体が冷えていると、免疫力が下がって、風邪をひきやすくなってしまたり、なんとなくだるいといった、お身体の不調にも繋がってきます。

免疫力を高め、身体をポカポカに温めてくれる食べ物ついてのご紹介をしていきます(*^-^*)♪

 

 

まず初めに免疫力って一体なんなのでしょうか・・・。

聞いたことがあるけれど、あんまりよく知らないって方もみえると思います。

 

ざっくり、簡単にご紹介すると、自分の中に入ってきそうな病気の菌やウイルスを入ってくるなーー!!というように威嚇したり、ウイルスや菌が入って来て倒してくれるボディーガードみたいな働きの事を免疫力と言います✨

 

悪い敵から自分を守ってくれる働きが、自分の中に存在しているんです!

人間の身体ってとてもよく作られているなあ、と感じます。

 

その免疫力がきちんと働ける体温は、36.5℃程度からと言われています。

免疫力の中の1つに白血球というものが存在していて、血液に乗って身体中駆け巡り私たちの身体を守ってくれています。

そして、体温が1℃下がってしまうと、その白血球の働きが30%も落ちてしまうんです。冷えなどによって体温が下がり血行が悪くなると、身体の中に異物を発見しても、白血球が集まりにくくなるためすばやく攻撃することができずに、細菌やウイルスを撃退することができずに病気を発症してしまうということが起こります。

(ちなみに、35.5℃が日常的に続くと排泄機能が低下したり自律神経の失調、アレルギーの出現が見られます。また、35.0℃が最もガンが作られやすい体温だとも言われています。。。)

最近は体温が低い人が増えていると言われています。

昔に比べて、便利な物が増えたことで生活スタイルが変わってきたということもあり、身体が冷えやすくなっているのかもしれません。

 

 

身体をあたためてくれる食べ物

 

 

 

 

 

 

赤・オレンジ・黒色の暖色の野菜、冬に取れる食べ物、地面の下にできる野菜、寒い地域で作られる果物が身体を温めてくれます。

野菜だとニンジンやネギ、レンコン、タマネギ、カボチャ、ニンニク、果物だとリンゴやブドウ、イチジク、桃などが身体を温めてくれますよ。しかし例外なものもいくついかあり、トマトは赤くて一見身体を温めてくれそうですが、夏野菜で水分を多く含んでいるため身体を冷やしてしまいます。

 

 

調味料では味噌やしょう油といった発酵食品や塩、唐辛子が身体を温めてくれます。

お魚やお肉にも全体的に身体を温めてくれるものが多いのですが、身体を温める作用が強いものがあります。魚だと、北の海で獲れるもの、赤い物が身体を温める作用が強いです。鮭やかつお、まぐろ、いわし、さば、さんま、がオススメです。

 

お肉では脂がついているものより、赤身の方が身体を温める働きが強いです。

ラム肉や、牛肉、鶏肉、レバーなんかがオススメです。

 

 

食べ物で身体を温めるだけでは無くて、運動をして筋肉量を増やす、冷える服装をしない、といったことも大切ですよ。体温が高くなると、身体の中のボディーガードさん達がすばやく攻撃態勢に移ってくれますよ✨

おいしく食べて、体温を上げて免疫力を高めていきましょう🌼

 

♡美容鍼ページ♡ ↓            ♡不妊治療・妊活治療ページ♡ ↓

美容鍼 bnr-ninkatsu

今こそ、はり・灸で免疫アップ! 心も身体もハレノヒに♪

 

 

 

 

 

 

こんにちは。
鍼灸師の長谷川です😊

 

連日のコロナウィルスの報道に、どこか心が晴れない状態が続いてしまいますよね。

ブログも自然とコロナウィルス対策について綴りたくなってしまいます。

 

なせなら、こんな時こそ、鍼灸の出番だ!と思ってしまうからです(^^)/

 

 

今、世界の医療現場では、東洋医学を見直し、その方法を取り入れようと様々な試みがなされています。

 

いち早く鍼灸の効果を見直しているのは、日本ではなく海外の医療機関。

日本では、海外で認められて初めて自国の文化や伝統の素晴らしさに気づくことが多々りますが、鍼灸もしかり!逆輸入のような形で改めて日本で見直されています。

 

鍼灸がなぜ世界の医療現場で見直されているのか?
それは、ズバリ‼効果があるからです。

 

鍼灸の原理は、

「からだの悪いところに、ハリによって小さな傷をつけたり、お灸によって熱刺激を与えることで、自らの生命力による自然治癒力を引き出す」

という単純なもの。

 

刺激で自然治癒力が引き出されるのであれば、からだ全体に鍼を刺したり、体全体を温めれば良いと思うかもしれません。

けれど、それで良ければ、鍼灸は学ぶ必要も、ましてや国家資格である必要はなかったことでしょう。

 

ハリもお灸も、それぞれの方の身体の状態に合わせた場所に施す必要があります。

それが、俗に言う「ツボ」と言われる場所なのです。

 

 

鍼灸治療のしくみについてお伝えするのに、私は、よく車の渋滞の例えを活用します。

 

一か所の渋滞が全体の渋滞になるのは、よく見る現象ですよね。

鍼やお灸は、この渋滞している箇所に、警官を出動させて交通整理をするようなものです。

 

渋滞している箇所がスムーズに流れると、全体の渋滞もなくなります。
分かりやすく言うと、これと同じことが、鍼灸治療によって身体にも起き、身体全体の巡りが良くなるのです。

 

連日のコロナウィルスの報道で、多くの人が先の見えない不安を抱えています。

今こそ、自然治癒力を引き出し、免疫力アップが必要な時期。

 

はり・灸で、心も身体もハレノヒにしていきたいですね😊

 

 

 

 

 

 

自宅で出来る♪ 簡単ツボ押しのご紹介

こんにちは。

鍼灸師の長谷川です😊

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日、ふと空を見上げたらキレイな日輪が出ていました✨

閉塞感が漂う毎日ですが、こういうものを見かけた瞬間ってとても幸せな気持ちになります。

思わず写真を撮りましたので、ブログの写真に使わせていただきます(^^♪

 

思うように外出できない毎日に、今まで経験しなかったストレスを感じている方も多いことと思います。

そんな中でどうしたら毎日を楽しく過ごせるのか、みんなで知恵を絞って助け合っていきたいものですね。

 

私に出来ることって何だろう?

そんなことを考えていて浮かんできたのが、自宅で!自分で!簡単にできるツボ押しをご紹介すること。

ということで、おすすめのツボを3ヵ所ご紹介させていただきます。

少しでも心と体が楽になってもらえたらと思います😊

 

「百会(ひゃくえ)」

 

 

 

 

 

 

 

 

イライラやストレスによく効くツボで、頭の頂上にあります。

両耳を真っすぐ上がったところと顔の中心の交わるところです。

ちょっと凹んだところが狙い目。

いたキモチよいくらいに押すのがオススメです。

 

「湧泉(ゆうせん)」

 

 

 

 

 

 

 

足の裏を曲げたときに出来る「人」の字のようにできる凹みの中心にあるツボです。

疲労回復に効果があり、体全体を元気にし、疲れに効くツボです。

押したり緩めたりしながら、気持ち良いと感じる程度で押してください。

体全体があたたかくなってきますよ。

 

「労宮(ろうきゅう)」

 

 

 

 

 

 

 

 

手のひらの真ん中にあるツボ。

心の疲れを取り、自律神経を整えると言われています。

湧泉と同じように、押したり緩めたりしながら、気持ち良いと感じる程度に押してください。

このツボは免疫アップの効果もあると言われています。

 

 

今回は個人的にオススメのツボを3ヵ所ご紹介させていただきましたが、ツボは全身のいたるところに存在しています。

ご自分で押して心地良いと感じるところを、押してあげるのもオススメです。

手軽に楽しく♪チャレンジしてみてくださいね😊

 

 

免疫力アップでウイルス対策を!鍼灸オススメです☆

こんにちは、鍼灸師の林です。

 

ウイルス対策としてマスク手洗いうがいの他に出来ることがあと1つ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の免疫力を高める事です!!

(免疫力とはなんぞや、ということを詳しく知りたい方はコチラをチェック→免身体を温める食べ物 )

 

そして、免疫力を高める事ができる鍼灸の出番です!

免疫力とは、身体から様々な外的を守ってくれるバリアのようなもの❣

健康を維持するためには必要不可欠です✨

 

免疫力が下がると

 

💔ウイルスや感染症にかかりやすくなる
💔アレルギー症状がでやすくなる
💔お腹の調子が悪い
💔疲れやすい
などなど。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いろんな不調を引き起こします。
運動不足や、睡眠の質の低下、栄養の偏り、ストレスなどで免疫力は下がってしまいます。

 

免疫力を底上げするには、体温を上げること!

 

 

 

 

 

 

 

体温が下がると血流が悪くなり、栄養や酸素、ホルモンなどが全身に行きわる働きが落ちてしまいます。
体温が1℃下がるだけで約30%免疫力が低下
体温が1℃上がると約5倍免疫力がアップ!

 

 

自律神経のバランスを整える

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

副交感神経の働きを高め、身体をリラックスさせ、免疫機能を正常に働かせる

鍼灸治療は血行を良くするのも自律神経を整えるのも大得意です✨

 

 

全身の血行を良くして、体温を上げる事で全身の免疫細胞を働きを促進✨
自律神経の整えを行う中で、胃腸の機能が高まります。腸には免疫細胞が約7割もいると言われているので腸内環境を整える事で免疫力アップ!
睡眠の質も高まりますよ🌷

 

 

今こそ鍼灸治療を!

 

 

 

 

 

 

 

ウイルスに負けない身体を作って行きましょう✨

ご自宅で、足三里&合谷のツボにお灸をすることもオススメです(*´ω`*)

ウイルス対策に!手洗いうがいはしっかりと!

こんにちは、鍼灸師の林です☀

 

ウイルスの予防方法は沢山ありますが、まずは手洗いを!!

手は1日にいろんなものに触れます。ドアノブだったり、電車のつり革だったり、てすりだったり・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

厚生労働省のHPより✨

 

マスクをつけたり、アルコール消毒も大切です。マスクがどこにもなくて買いに走っている方もいますよね。

でもその前に、まずは自分ができる一番簡単なことから始めましょう!

 

 

指先や指の間、親指なんかは洗い残しの多い箇所みたいです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しっかり手洗い&うがいを習慣にして感染予防に努めましょう✨

お灸の種類 ☆台座灸・もぐさ・隔物灸☆

こんにちは、鍼灸師の林です。

風邪などは引かれていませんか・・・?

 

 

 

 

 

 

コロナウイルスによる、新型肺炎が日本にも上陸しております😰
しっかりと身体を温めて免疫を高め、養生してくださいね☀

 

 

養生方法の一つとして、ぜひオススメしたいのがお灸です♡

身体をぽっかぽかにしてくれて、続けることで体温も上がるので風邪に負けない丈夫な身体を作ることができるんですよ!免疫力UP効果大です!!

(免疫についての詳しいお話はこちらからドウゾ→身体を温める食べ物

そして、そしてお灸には美容効果も。お身体の調子が悪いと、疲れたような顔になったり、吹き出物などの肌トラブルなどいろんなものがお顔に出手しまいます。なので、お身体の調子がよくなると共に、お顔の状態もよりよくなっていきます♪

 

ではでは、お灸ってどんなものがあるの?

台座灸、といって台の上にもぐさ、というお灸のもとが乗っています。

IMG_7072

小さくて、ころんとした形をしていています。

ハレノヒでの鍼灸治療でもよくこのお灸を使っています。とっても扱いやすいので患者様にもセルフ灸としてご自宅でも行ってもらっています。火を付けてツボの上に乗せて少し時間が経つとじんわり温かさが伝わってきますよ。

じんわりとした温かさから、ちりちりぴりぴりした熱さになればお灸がしっかりと効いている証拠です!ちりちりぴりぴりが我慢できない場合はすぐに台座灸を取ってくださいね。

 

私が愛用してる黄金山というもぐさです♪

黄金山

ふっわふわのもぐさをお米ぐらいの大きさの三角錐にして、皮膚の上に置いて線香で火をつけます。皮膚の上にお灸を置く前に、紫雲膏(しうんこう)という軟膏をちょこん、とつけてヤケド防止をしています。

お灸を全部燃やしきる場合もあれば、途中で火を消す場合もあるのですが、私は途中で火を消す派で、八分灸をいうものを患者様にしています。熱いの来たかも!という瞬間指でお灸をつまんで火を消すので、それ熱くないの・・・?と心配してくださる患者様もいらっしゃいますが、案外平気なんです。

 

また隔物灸という変わったお灸もあります。

もぐさと皮膚の間に何か物を挟んでお灸をする、というお灸です。

ポピュラーなのは、ショウガやみそ、にんにく、塩♪

ショウガ灸

(このショウガ灸の画像はインターネット上からお借りしました。)

学生の頃に、何か好きな物を持ってきて隔物灸をしてみよう!という授業があってとても面白かった覚えがあります。ショウガやみそはもちろん、びわの葉を持ってきていたり。みかんの皮なんて物をもってきていた人もいました。

 

お灸って以外とたくさん種類がありますね。

気になった方はまずは気軽にできる台座灸から!ぜひとも試してみてくださいね♪

気・血・水とは?鍼灸師が簡単に解説します☆

東洋医学では気・血・水のバランスをとることで健康な身体に導いていきます。

」「」「」がきちんと体内で循環していくことで健康な身体を保つことができます。

 

・・・生命活動の源で、身体を動かすためのエンジンです。血や水を全身に巡らせます。「」がきちんと身体の中にあることで、エネルギーや栄養など身体にとって必要な物が運ばれます。血や水を身体全体に巡らす働き身体を保温したり、病気と闘うという働きも持っています。

 

・・・血液とその中に含まれている栄養素のことを指します。「」が充分に保たれていると臓器や皮膚、筋肉、骨に至る全身の組織や器官に栄養分を渡すことができます。また、ホルモンバランスを調整する働きもあります。血が不足してくると目が乾燥してきたり、視力が落ちてきたり、顔色が青白くなったり・・・という不調が現れたりしてしましいます。

 

・・・リンパや汗などの血以外の体内の水分の事を指します。関節の動きを滑らかにしたり、汗や尿として老廃物を出す、体温調節行う、などの働きがあります。目や鼻や口の粘膜部分を潤したりもしています。この「」が不足していると、身体の中に熱がこもり火照っててしまいます。また水が多くなっていると身体が重だるい、むくみなどが現れます。

気・血・水2

 

患者様からお身体のお話を聞いたり、脈や舌、お腹などを診て、お身体全体のバランスを整え、自然治癒力を高めていきます。緊急性のものや、感染症、外科的な手術が必要な場合などは西洋医学に沿った治療を受 けるべきですが、病院でどこも問題は無いといわれた(検査としての異常はなかった)けれど、治らないという症状や、不定愁訴に悩んでいる方は東洋医学的な治療がオススメです。

 

西洋医学と東洋医学、得意とする分野や特徴は違いますが、どちらも患者様の健康のお役に立てるすばらしい医療だと私は感じています🌼

 

なぜ生理前に体重が増えるのか?

こんんちは、鍼灸師の林です。

女性であれば、気になるもの・・・。体重!!少しの変化に一喜一憂して、時には無理なダイエットも・・・。でもそんな努力もむなしく、生理前になると体重が増えてしまっている!!

 

 

 

 

 

 

どうして生理前になると体重が増えてしまうのでしょうか…。

 

 

水分・栄養・塩分をため込むために体重が増えてしまう

生理前は妊娠しやすい身体を作るために、プロゲステロンという女性ホルモンの分泌量が増加して、代謝を下げる働きをします。代謝が下がると、栄養や水分、塩分を体内に蓄えられるのですが、むくみも伴うので体重が増加してしまいます。

 

血糖値が上がることで、食欲が増える!

 

 

 

 

 

 

プロゲステロンという女性ホルモンは血糖値を上昇させる働きがあります。血糖値が上昇すると、血糖値を下げなきゃ!!とインスリンというホルモンが分泌されます。このインスリン、血糖値を下げる働きだけではなく、脂肪を作る作用も持ち合わせているんです・・・。使われなかった糖はインスリンの働きで脂肪になってお身体に蓄えられてしまいます・・・。また、血糖値が下げるために空腹感が増すので、お腹空いた!ご飯食べたい!甘い物欲しい!となってしまいカロリーオーバーとなってが体重増加してしまいます。

体重が増えちゃうなんて、女子にとってはなんて嬉しくない働き・・・。でも、ホルモンの作用で体重が増えるのは、身体の機能が正常に働いている証拠なんです。

 

生理後のお身体の変化について

 

 

 

 

 

 

むくみを引き起こしていたプロゲステロンは、生理後に減少していきます。なので身体のむくみもおさまり体重も減少していきます。ホルモンの働きで増えた体重なので、体重減らないーーー!なんでやーーー!って無茶なダイエットはしないで下さいね。生理中は貧血になりやすいですし、無理にご飯を抜くとかはやめてくださいね(>_<)

 

総まとめ

生理中の体重増加は女性ホルモン(プロゲステロン)のせい!なので、あまり気にせずに、でも食欲増しちゃうからあんまり食べ過ぎないように気をつける!というような感じです(o^^o)♪

ダイエットを頑張っている方は、生理期間中はあまり無理をせずに体重を減らすという事よりも、体重をキープするという意識で過ごした方が良さそうですね。

 

 ♡妊活ページ♡               ♡美容鍼ページ

bnr-ninkatsu  美容鍼

便秘が気になる人におススメなツボ

こんにちは、鍼灸師の林です。

今日は便秘についてのお話です。女性は便秘になりやすい、なんて聞いたことありませんか?お悩みの方も多いと思うのでなんでなるの?原因は?どうしたら治るの?といったことや、便秘に効くツボをご紹介していきます(*^-^*)

 

便秘ってどんな状態・・・?

便秘とは長年の排便習慣よりも回数が減ってくること、排便後に残便感や不快感が残るといった状態の事です。なので、毎日排便していない状態を指すわけではありません。苦痛や不快感が無く、自然排便ができていれば、2~3日に1回の排便でも便秘とはいいません。

 

原因は一体なに・・・?

食事量が少ないことが便秘に繋がります。食事量が少ないと便になる量が減るため、便秘になりやすいです。過度な食事制限を行っている方は、このような便秘になりやすいです。ダイエット中に便秘になった・・・。なんて方は、少し食事制限が過度になっているかもしれませんね。また、野菜などの食物繊維が少ないと便を直腸に送り出す全体量が少なくなり、腸内にとどまってしまいます。食物繊維が少なかったり、甘い物や脂っこい物などの刺激の強い食事を摂ることで腸内の細菌バランスが崩れてしまうことがあります。善玉菌が住みにくい腸内環境になってしまうために、ガスが溜まりやすくなる、蠕動運動(腸が伸びたり・縮んだりして便を運ぶ動き)が上手く働かない、と言ったことがお腹のなかで起こってしまいます。

運動不足や筋力が弱い人も便秘になりがちです。筋力が弱いと蠕動運動の働きを助ける力が弱くなってしまいます。女性や、お年寄りの方に多い便秘の状態です。また、代謝もあまり良い状態でないので冷え性による便秘になってしまうこともあります。

 

どうしたらいいの・・・?

予防&改善として生活習慣と食事習慣の見直し、適度な運動を行ってください。食事の量が少なくて便秘になる人は食事量を増やして行きましょう。食物繊維を摂ると便秘にきく!ということを耳にした事がある方、多いと思います。食物繊維と言ったら、野菜を思い浮かべますよね。大豆や海藻、キノコ類、からも摂ることができるので、食事バランスにも工夫をしていろんな食材から摂っていきましょう♪

腸内環境を改善のためには減ってしまった善玉菌を増やすこと。食物繊維やオリゴ糖等は善玉菌のエサになってくれるので、善玉菌増殖を促してくれます。大豆やトウモロコシ、キャベツ、ジャガイモ、バナナ等にオリゴ糖は多く含まれています。大豆は食物繊維だけで無くオリゴ糖も含まれているので、便秘にはとてもありがたい食材なんですね。

運動では、ウォーキングやランニング、ヨガ等の全身運動、腹筋運動を行うことをオススメします。腹筋が弱いと弛緩性便秘(筋力が無くて、便を肛門まで運べない)になってしまいがちです。身体を動かすことは、基礎代謝もアップして交感神経の働きがよくなります。

 

オススメの便秘に効くツボ♪

中脘・・・みぞおちとおへを一直線に結んだ中点にあるところに中脘と言うツボがあります。便秘以外にも、胃もたれなどの胃腸の不調にも効果がある所です。食べ過ぎて胃が重くてしんどい、なんて時にもさすってみて下さいね。

中脘

天枢・・・おへその横から指三本分外に取ります。便秘の時やお腹が痛いときにおへその周りをくるくるとさする、という方もみえるのでは・・・?その時は、この天枢のツボも意識してみて下さいね

天枢

足三里・・・膝下の外側のくぼみから指4本分下に下がった所にあるツボです。このツボも中脘と同じように便秘だけで無く胃腸の不調に効くツボです。

足三里

※画像はインターネット上からお借りしました。

 

最近便秘がちで・・・。なんて方は一度試してみて下さいね(*^-^*)♪

美容鍼 bnr-ninkatsu

1 / 212
ページトップへ