美容鍼 整体 不妊治療 鍼灸は豊橋市の総合治療院ハレノヒ

 

Case Studies

症例紹介

野球肩・高校球児(整体・日本伝統療法)豊橋市


10代 男性

施術の内容

スポーツケア 関節の痛み

10代  男子  高校生(野球部)  豊橋市

《症状》

・野球肩(サードとキャッチャー)・・・三角筋後面あたりの違和感と痛み投げ始め(腕を上げたとき)に痛み。

・過去に肘も痛めた。

《治療》

前回来院した高校球児(ピッチャーの子)の同級生です。

ポジション(サード)を変えてから投げるときに痛みが出るようになったそうです。

まずは検査です。

結果は同級生と一緒で痛みを起こしている原因は肩ではなく下肢(足)に問題がありました。座ったままある部位を矯正したところ痛みが取れました。やはり時間にして5分ぐらいです。

痛みは取れましたが全身のバランスが悪くゆがみがひどかったのでJTT(日本伝統療法・プラマ療法)・整体全身調整を行って終了です。

今回も治療では肩周りは一切触っていません。治療院ハレノヒでは全身をしっかりと検査(チェック)し痛みの根本はどこにあるのかを調べていきます。痛いところに原因があるのではなく、まったく違う部位が原因の時が多いです。

 

スポーツケアコース


※痛みの原因は動きによって作られます。動画(スマホ)などを持ち込んで頂ければフォームチェックもし何が原因で痛みが出ているかを見させて頂きます。


 

《野球肩の代表的な病名》

肩峰下滑液包炎肩関節の肩峰下で摩擦が反復し、炎症を生じる障害です。

インピンジメント症候群棘上筋や棘下筋が上腕骨頭と関節窩に挟み込まれる障害です。

※インピンジメント症候群は野球だけではなく水泳やバレーボール、テニスやバトミントンなど繰り返し肩に負担をかけるスポーツに起こりやすい症状です。肩関節の周りの靭帯、腱、腱板が挟み込まれる損傷とされています。その損傷により肩周りの筋肉(僧帽筋、棘下筋、棘上筋、肩甲下筋、小円筋、広背筋、大・小菱型筋、三角筋などなど・・・)も硬くなり肩関節の動きも悪くなっていきます。

上方関節唇損傷上腕二頭筋長頭腱(腕の力こぶをつくる筋肉)にストレスが生じ、構造上連続する上方の関節唇に損傷が起こる障害です。

腱板関節断裂、肩関節周囲炎などもあります。

 

※これらすべての症状は肩の使いすぎ、メンテナンス不足、正しいフォームでプレーが出来ていないことが最大の原因だと思います。また生まれつきの体質や食事など日頃のライフスタイルなどの過ごし方などで影響しケガの原因になってしまうこともあります。

まずは何が原因でこの症状が出たのかを「知る」「理解する」ことが良くなるための第一歩だと私は考えます。

※野球選手はローテーターカフ(棘下筋、棘上筋、小円筋、肩甲下筋)、インナーマッスルのトレーニングもしっかりとやっておきましょう。

 

症例の一覧に戻る

   

お体の悩みや治療に関する相談など、お気軽にお問い合わせください

お電話でのご予約・お問い合わせ
0532-63-8989

治療のご予約は、お電話にてお願いいたします。メールでのお問い合せはこちらから。

診療時間 *予約制
平日 / 10:00~12:00 13:00~21:00 (受付19:00まで)
土曜日 / 10:00~12:00 13:00~20:00 (受付18:00まで)
休診日 日・祝日

ページトップ