美容鍼 整体 不妊治療 鍼灸は豊橋市の総合治療院ハレノヒ

 

Case Studies

症例紹介

シンスプリント発症・原因(整体・ストレッチ)豊橋市


10代 男性

施術の内容

スポーツケア

10代 男性  中学生  陸上部  豊橋市

《症状》

・シンスプリント(下腿内側部の痛み)

・ふくらはぎの痛み、鈍痛

・競技(陸上)を行うと痛くなってくる。

《治療》

今回の症状は学生アスリートに多く診られる症状です。

痛みとしてはここ1・2週間前から出てきたそうです。

検査、まずチェックしたところ足の使い方がうまく出来ていないこと上半身のゆがみが診られました。

うつ伏せで全身調整を行うと痛みが10⇒5に変化しました。

その後、足(下肢)の調整で痛みは3に!!あと少しですね~!!

あと気になる腕(上肢)を調整したら痛みは取れ違和感程度になりました。

シンスプリントでは精神的な事で痛みが出る場合もあるので最後にストレスを取り除く施術を行い1回目は終了です。

正しいストレッチのやり方を指導させて頂きました。

整体・ストレッチ・置鍼による施術を行いました。

シンスプリントの場合早く症状が改善される方と長期間治療が必要な方がいます。どんな症状でも同じですが症状が軽い時にお早めに治療にお越し下さい。

 

スポーツケアコース

 

《シンスプリント》

シンスプリントとは「脛骨過労性骨膜炎」とも呼ばれています。

●激しい運動を行う学生さんに多く診られますが。社会人になって健康のためランニングやエクササイズなどで痛みを発症する場合もあります。脛骨に接する筋肉と腱を使い過ぎるために起こります。

最初に起きる症状としたは

・脛骨(すねの骨)の内側に沿って痛い

・ふくらはぎが痛い

・スネ(下腿)の内側の骨を押すと激痛がする

・走ったり、ジャンプをすると痛い

・ズーンと鈍痛があって痛い

・骨がきしむような感じがして気になる

症状がひどくなると

・何もしなくてもずっと痛くなり日常生活が辛くなる。歩いても痛い!!座っていても痛い!!このような状態になります。

◎原因

・激しい運動

・メンテナンス不足

・偏平足

・自分に合っていない靴・スパイクを履いている。

・筋肉の不均衡

・メンタル

このように様々な原因があるのでまずは何が原因で痛みを発症したのかを自分が理解することが一番大事になります。また理解し正しい治療セルフケアを行って下さい。

またシンスプリントの症状は練習をしていとだんだんと痛みがなくなってくることがあり、そのためか「痛みを我慢しながら練習を続ければ治る」と言う方がおられます。それは間違いです。

その言葉を信じて痛みを我慢しながら練習を行い続けると疲労骨折を起こし、長期にわたり運動が出来なくなってしまいます。お気を付け下さい。

 

 

症例の一覧に戻る

   

お体の悩みや治療に関する相談など、お気軽にお問い合わせください

お電話でのご予約・お問い合わせ
0532-63-8989

治療のご予約は、お電話にてお願いいたします。メールでのお問い合せはこちらから。

診療時間 *予約制
平日 / 10:00~12:00 13:00~21:00 (受付19:00まで)
土曜日 / 10:00~12:00 13:00~20:00 (受付18:00まで)
休診日 日・祝日

ページトップ